不妊症 原因

不妊症の原因って何があるのですか?

妊娠・出産をするのは女の人ですが、不妊の原因は男女どちらにもあります。晩婚化が進み高齢出産が増えていますが、妊娠する確率は下がっているそうです。

 

また、男の人側も精子の数が減ったり精子の能力が劣っていることもあるのです。
強いストレスや生活習慣が不妊の原因になることもあったりで、これから不妊症が増えていくといわれています。

 

ここでは、考えられる原因をみていきましょう。

女の人側の原因

卵管障害

卵子と精子が受精する卵管が詰まっていたり細い場合、卵子が通れなかったり通りにくいことを卵管障害といいます。不妊症の30〜40%といわれ、1番の大きな原因となっています。
原因としては子宮内膜症、クラミジアなどの性感染症などが多いようです。

 

卵子は排卵されると卵管に移り精子と出会います。受精が行われると卵管を通り子宮に移動します。卵管は排卵し受胎、そして着床という妊娠のプロセスにおいてとても重要な器官ですから、腫れたり炎症を起こしたりして癒着したり狭くなってしまうと、卵子と精子が出会いにくくなったり、受精卵が移動しづらくなったりして不妊の原因になります。

 

排卵障害

妊娠するには、排卵することが前提です。卵子が育たない育っても排卵できないなど、自分の力で排卵できない場合を排卵障害といいます。不妊症の約25%と大きな原因で、ホルモン分泌のトラブルによって起こります。

 

例としては、卵巣機能が低下すると生理がこなかったり、生理はあるのに排卵が起こらないことがあり、自分の力で排卵が起こせないことがあります。更年期に普通は見られるのですが、最近では若年性の卵巣機能低下症も見られます。

 

原因は、生活習慣からの体の冷えや運動不足も考えられます。これにより、卵巣に必要な血液が運ばれなくなり卵巣の働きが悪くなると言われています。強いストレスやたばこ、ダイエットを繰り返すなども卵巣に影響を与えるようです。

 

子宮の障害

子宮の障害とは、受精卵が着床できなかったり育たないことをいいます。

 

子宮内膜に異常があると、受精したとしても、受精卵がうまく着床することができなかったり、着床したとしても流産してしまうのです。主な原因としては子宮筋腫、子宮内膜症、性感染症の他に、人工妊娠中絶による子宮内膜の癒着などがあげられます。

 

その他には子宮の形に異常があったり、子宮が2つあったりする場合も、妊娠しにくくなります。

 

子宮頸管の障害

精子が、子宮の入り口の子宮頸管に入れないという障害です。
1番の原因に抗精子抗体があり、頸管粘液の分泌が少ないため、精子がスムーズに通過できないこともあります。

 

その他に、開腹手術の後遺症、腹膜炎や子宮内膜症などにより骨盤の中に癒着が起こって、排卵がおきなかったり卵子が成長することができないこともあります。
特別なケースでは、処女膜が閉鎖していたり半陰陽、 腟の奇形などのトラブルから妊娠ができないこともあります。

 

男の人の場合

射精障害

射精がスムーズにいかないという障害です。
インポテンツ(ペニスが勃起しないことで性交ができない)や、勃起したとしても女の人の腟内に射精できないと、自然妊娠はむずかしくなります。

 

精子通過障害

精子がうまく通れないという障害です。
精子の通り道である精管が、先天的なもののほか感染症や、鼠径ヘルニアなどの手術や事故の後遺症などの影響によって、ふさがってしまったものです。

 

造精機能障害

精子がまったくつくられない、数が少ない、能力不足、奇形が多いといった障害です。
男性不妊症の約80%をといわれています。ホルモンの異常、流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)、先天的な精巣の異常、性感染症などの高熱性の病気が原因です。

 

糖尿病などの内分泌疾患、過度の疲労によるストレス、多量飲酒や喫煙も、精子の形成に悪い影響を与えてしまいます。

 

男女の不妊の違いは?

不妊の原因は、女の人だけではありません。男の人が原因となる不妊も全体の3割〜4割になります。
しかし、男の人は不妊症であっても自然妊娠することもあるようです。精子は、卵子と違い毎日新しく作られているので、精子の質が低下しにくいのです。

 

40歳以上の女の人が自然妊娠するよりも、精子の数が少ないと言われた男の人のほうが、妊娠率は高いのです。

 

男女共通の原因

夫婦の適合性が悪いため妊娠できないケースもあります。例としてあげられるのが抗精子抗体です。
抗精子抗体(精子は女の人の体にとって異物です。セックスにより女の人の体内に精子が入ると、それに対する免疫反応として、抗体ができることをいいます。)

 

機能性不妊症

今までの原因のどれにもあてはまらないのに、妊娠しない、現代医学では原因がわからない不妊症を、機能性不妊症といいます。このタイプの不妊症は、約10%といわれています。

 

まとめ

不妊症ではない夫婦が排卵日にセックスをして、妊娠する確率は約20%だそうです。
そして、夫婦の10組に1組が不妊症に悩んでいるということです。赤ちゃんが欲しいのに恵まれないご夫婦が多いということは、妊娠そして出産は簡単ではないのですね。高齢ならなおさらです。
できるだけ早く原因を知り、夫婦で話し合うことが大切ですよね。

 

35歳以上の高齢出産になる方へ、
健康な赤ちゃんを出産するために必要な葉酸サプリの選び方。
知っているようで知らない高齢出産の方の葉酸サプリの選び方。

 

関連ページ

高齢だと不妊症になりやすの!?
不妊の検査について調べました。
不妊症の治療について調べてみました。
不妊治療の流れと費用について@
不妊治療の流れと費用についてA
排卵誘発剤の副作用について調べました。
高齢の排卵誘発剤に多い低刺激療法とは?
あなたが知らない不妊治療のリスクについて!