高齢 不妊症

高齢だと不妊症になりやすの!?

高齢になると、なぜ妊娠しにくいのでしょうか?女性もキャリアを積みがんばっている今、結婚・出産の年齢が上がっています。
ご縁があり結婚して、すぐに妊娠できればいいのでしょうが、思うようにいかないことありますよね。高齢だと、不安や焦りもあることでしょう。

4人に1人

子供ができなくて悩んでいるご夫婦は、7組に1組と言われています。通常避妊をしていないご夫婦が、2年間子供ができない場合を不妊症としています。
高齢といわれる35歳以上の年齢では、1年間タイミングを合わせても妊娠できない場合は、不妊症を疑ったほうがいいようです。

 

38歳以上になると、タイミングを合わせて数回で妊娠しなければ、不妊治療を考えたほうがいいとも言われています。
そして、35歳以上の女の人の4人に1人が不妊治療を受けているそうです。

 

高齢になると妊娠しにくい?

年齢を重ねると、年齢と同じく卵子は老化していきます。老化した卵子では妊娠できないわけではありませんが、35歳を過ぎると妊娠しにくくなるのです。
40歳を過ぎるとさらに妊娠しにくくなり45歳過ぎでは、不妊治療をしても妊娠できるのは難しくなるようです。

 

卵子の老化により、卵子の膜が厚くなり精子が入っていけなかったり、卵子自体が染色体異常をおこしていたりなどの原因が考えられます。体外受精の成功率も下がってきます。

 

排卵障害とは?

不妊症の中で1番多いのが排卵障害です。生理不順や基礎体温が2相にわかれないなど、自覚がある事が多いようです。
高齢では、生理周期が乱れたり基礎体温が安定しないことが考えられるため知っておきたいですね。

 

検査から多くみられるのが多嚢胞性(たのうほうせい)卵巣症候群です。たくさんの成熟しきれない卵胞が卵巣の中にたまって、卵巣が大きく腫れる病気です。
下垂体によって黄体ホルモンが過剰分泌されるのが原因で、それが続くと子宮内膜が異常なほど厚くなり、排卵がしにくくなるのです。

 

婦人科系の病気と不妊

年齢を重ねると、子宮筋腫や子宮内膜症などの婦人科系の病気が増えてきます。これにより、生理が長くなる、下腹部痛や貧血、腰痛などの症状がある場合は、治療が必要です。

 

病気だと必ず不妊になるわけではありませんが、高齢出産での出産を考えるのであれば、治療するところがあれば早めに治しておきたいですよね。

 

高齢だと必ずしも不妊になるわけではありません。高齢でも、自然妊娠したり不妊治療により妊娠できたケースもたくさんあります。
けれど、高齢により不妊に悩むご夫婦が多いのも事実です。特に40歳前後になると、ゆっくり考えている時間もなくなってきます。
ご夫婦2人ともが納得のできるように話し合うことが1番大切だと思います。

 

35歳以上の高齢出産になる方へ、
健康な赤ちゃんを出産するために必要な葉酸サプリの選び方。
知っているようで知らない高齢出産の方の葉酸サプリの選び方。

 

関連ページ

不妊症の原因って何があるのですか?
不妊の検査について調べました。
不妊症の治療について調べてみました。
不妊治療の流れと費用について@
不妊治療の流れと費用についてA
排卵誘発剤の副作用について調べました。
高齢の排卵誘発剤に多い低刺激療法とは?
あなたが知らない不妊治療のリスクについて!