卵子 老化

30歳過ぎると、卵子は老化していくのか?

年齢を重ねていくと、お肌のシミやシワが気になってきたり、体が疲れやすいなど感じますよね。
私も30代後半から、アンチエイジングや老化をストップなどの雑誌の記事や、テレビのコマーシャルが気になりはじめました。
体と同じように卵子は老化するのでしょうか?

卵子の老化とは?

卵子の老化は、35歳を過ぎるころから始まります。ですので、20歳の女の人の卵子は20歳、40歳の女の人の卵子は40歳と、卵子も一緒に歳を重ねていくんですね。

 

年齢を重ねていくと、卵子自体にかかるダメージが高くなりやすくなります。卵子の老化とは、卵子の質が低下していくということなんですね。これによって妊娠率が下がっていってしまうのです。

 

卵子の機能は?

自分の年齢と同じく歳を重ねた原始細胞(卵子を育てる袋)は、排卵がおきても卵子が卵子としての機能を失うことが多くなります。

 

他には、染色体異常をもった卵子も増えていきます。それにより、卵子が受精卵になっても育たなかったり、育っても着床が難しくなったりするのですね。
そして、着床したとしても流産になることが多くなるのです。

 

歳を重ねた原始細胞は、年齢とともに卵子の染色体異常の数が多くなっていくということです。

 

卵子の老化のスピード。

卵子の老化のスピードは、時間をかけてゆっくり進んでいきます。高齢出産年齢でも、妊娠しないということではなくて、少しずつ妊娠しにくくなっていくのです。
赤ちゃんが欲しいと思っても、すぐには授かりにくいということですね。

 

妊娠期間中は、卵子の老化が一時停止をするそうです。同じ年齢の女の人でも、若い時から子供をたくさん産んでいる女の人の方が妊娠しやすいということです。
大家族の番組の、子だくさん母さんをみるとわかりますよね。

 

妊娠しやすい体づくり。

冷え性の改善。
バランスのよい食事。
喫煙の習慣を改め、アルコールは控える。
規則正しい生活習慣。
基礎体温をつけ専門医に相談などがあげられます。

 

専門医のお話では、排卵日を意識しながら待つ月数は、30代後半が3ヶ月〜6ヶ月くらいで40代になるともう少し早い時期のほうがよいとのことです。
高齢出産の年齢では、いつか産みたいと先送りしないで計画的に、心と体の準備を整えてチャレンジすることが大切ですね。

 

35歳以上の高齢出産になる方へ、
健康な赤ちゃんを出産するために必要な葉酸サプリの選び方。
知っているようで知らない高齢出産の方の葉酸サプリの選び方。

 

関連ページ

卵子の寿命|産まれた時から卵子の数は減っている!?
多胎妊娠にはどんなリスクがあるのでしょうか?