排卵誘発剤 副作用

排卵誘発剤の副作用について調べました。

排卵誘発剤療法は、排卵が起きていない女の人の味方となってくれます。
不妊治療を行う高齢の女の人にとっての、重要な基本治療の1つになります。
排卵誘発剤が状態により変わるので、排卵誘発剤療法の効果(メリット)と副作用(デメリット)をみていきましょう。

排卵誘発剤はどんな時に使う?

排卵誘発剤とは、排卵を誘発する(引き起こす)薬です。生理不順、無月経や排卵障害が原因の不妊症の場合に使われます。
また排卵がきちんと起きている場合にも人工授精、体外受精での妊娠する確率を上げるために使われることもあります。

 

排卵誘発剤の種類

排卵誘発剤の種類は大きく分けると2つあります。内服薬(クロミフェン・シクロフェニル)と注射薬(ゴナドトロピン)です。
初めは内服薬からの治療がスタートし、効果がみられない時に強い力を持つ注射薬を使用するようです。

 

内服薬について説明

クロミフェン

排卵を起こさせる効果があるゴナドトロピンの分泌を促進します。
デメリットとしては、長い間服用すると頚管粘液が減ってしまったり、子宮内膜が十分に厚くならないという副作用がでることがあります。クロミッドという商品がよくきかれます。

 

シクロフェニル

クロミフェンと同じような排卵誘発の効果がありますが、クロミフェンより効果が弱くなります。
メリットとしては、クロミフェンより副作用が少ないことです。セキソビットという商品が多く知られています。

 

1番使用されているクロミフェン療法。

クロミフェン療法のメリット

クロミフェンは、正常に排卵させようと働きかけてくれるために卵胞を成熟させるゴナドトロピンの分泌を促します。
軽度の排卵障害 (第1度無月経)に効果的です。

 

生理が始まってから、5日目から5日間くらい毎日飲み続けるとクロミフェンを飲み始めた日から12〜14日目に高い確率の70〜80%で排卵が起こります。
これにより妊娠できる確率は10〜30%くらいとなっています。

 

クロミフェン療法のデメリット

排卵率が高いのに対して妊娠率が高くない理由としてクロミフェンの副作用ではないかと考えられています。
エストロゲンを抑制する働きがクロミフェンにあるので、 排卵する時期に子宮内膜が十分に厚くならなかったり頚管粘液が少なくなることがあるのです。

 

子宮内膜が薄いと、普通にくらべると妊娠する確率が半分以下に下がってしまうことが分かっています。
体外受精・人工授精の場合は頚管粘液が少なくても妊娠には影響はないです。

 

クロミフェン療法を数回試し、妊娠できなかった場合は次の「ゴナドトロピン療法」になります。
強力な排卵誘発効果と副作用があります。2種類の注射薬を組み合わせる排卵誘発療法になります。

 

注射薬

ヒト閉経ゴナドトロピン(hMG)

卵胞を発育や成熟させる効果があり卵巣に直接働きかけてくれます。
デメリットとして副作用があり、卵巣過剰刺激症候群・多胎妊娠などがあげられます。商品としてヒュメゴンがあります。

 

ヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)

成熟した卵胞に働きかけ、排卵を起こさせてくれます。
デメリットとして、ヒト閉経ゴナドトロピン(hMG)と同じ副作用があります。商品としては、プレグニールがきかれます。

 

ゴナドトロピン療法

ゴナドトロピン療法のメリット

ゴナドトロピン療法は直接卵巣に働いてくれて卵胞発育を助けてくれるので、とても排卵の確率が高くなります。
重症の第2度無月経は、ゴナドトロピン療法が選ばれます。
排卵率は90%といわれていて強力な排卵誘発効果があります。

 

ゴナドトロピン療法のデメリット

1週間くらい毎日ヒト閉経ゴナドトロピン(hMG)を注射し、その間は毎日病院に通うことになります。
卵胞の成長を毎日細かく検査してチェックします。

 

きちんと卵胞が成長したということを確認するためです。
その後排卵を起こすために、ヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)を注射し48時間以内に排卵が起こるので、タイミング法や人工授精を行っていきます。

 

強力な排卵誘発剤は危険な副作用を起こすことが考えられるので、体に負担がかかり仕事にも影響します。
きちんとした注意と観察が必要な手間のかかる治療法ともいえます。

 

その他の排卵誘発剤のデメリット

よく聞かれるのが副作用として、多胎妊娠と卵巣過剰刺激症候群(OHSS)があります。
ヒト閉経ゴナドトロピン(hMG)療法での双子が産まれる確率は、20%にもなると言われています。

 

内服薬療法では約2〜3%、自然妊娠では1%です。排卵誘発剤での双子の確率は高いのですね。

 

注射薬の副作用について

注射薬の副作用は、卵巣過剰刺激症候群(OHSS)の発症が考えられます。
排卵誘発剤が効きすぎることによりたくさんの卵胞が育ち、20個30個と発育してしまうのです。

 

これを発生すると卵巣が腫れたり腹水がたくさんたまり血液の循環量が少なくなります。重症になると入院になります。
卵巣過剰刺激症候群(OHSS)の発症する確率は、内服薬ではほとんどみられないようですが、注射薬になると約10%と高い確率です。

 

まとめ

高齢により注射薬を使った場合でも排卵誘発がうまくいかないことも多いようです。
これにより、低刺激療法を考えることもあるようです。

 

排卵誘発剤による療法を考えるのならいろいろなリスクを、排卵誘発剤療法を受ける前にきちんと説明してくれる病院を選ぶことが大切になりますよね。

 

35歳以上の高齢出産になる方へ、
健康な赤ちゃんを出産するために必要な葉酸サプリの選び方。
知っているようで知らない高齢出産の方の葉酸サプリの選び方。

 

関連ページ

高齢だと不妊症になりやすの!?
不妊症の原因って何があるのですか?
不妊の検査について調べました。
不妊症の治療について調べてみました。
不妊治療の流れと費用について@
不妊治療の流れと費用についてA
高齢の排卵誘発剤に多い低刺激療法とは?
あなたが知らない不妊治療のリスクについて!