不妊症 検査

不妊の検査について調べました。

不妊症の治療を受ける前、どの原因が妊娠の障害になっているのかを調べるためにいろいろな検査を受ける必要があります。
不妊症の原因がわかれば、その原因を取り除く治療をすればいいのです。
検査は治療の第一歩ですね。まずは、どのような検査があるのか見ていきましょう。

女の人の不妊検査

基礎体温診断

基礎体温は、本人のホルモンの状態がひと目でわかる重要資料です。
毎日、朝目が覚めたときに体を動かす前に婦人体温計で体温を測定し、表に記入していきます。

 

基礎体温をつけていると排卵がおこったかどうかを知ることができるんですね。
基礎体温による診断の手ががりは他にもあります。

 

女の人の生理周期にあわせて行ういろいろな検査や治療があります。
生理が終って排卵が起こるまでの期間しか受けられない子宮排卵造影などは、基礎体温がなければ受けられないこともあります。

 

また人工授精による治療を受ける場合には、排卵の直前に治療を受けなければあまり意味がありません。
基礎体温を何周期かみていくと排卵の日が予想できるのです。

 

それによって少し前からもっと詳しく排卵の時期を知ることのできる検査が受けられます。
そして、もっとも妊娠しやすい日に人工授精を受けることができるようにできるのです。

 

黄体機能不全といい黄体から出るホルモンが不十分なために妊娠しにくい状態を基礎体温で高温期が短い場合で診ることができます。
不妊症の治療を受ける時に、とても大切な情報を教えてくれるバロメーターのようなものが基礎体温です。

 

基礎体温を毎日つけていくことは不妊症の治療の第一歩ですね。

 

クラミジア

性行為感染症により卵管閉寒などの症状を引き起こしたり、クラミジアによる卵管炎が不妊症や流産の原因になることもあります。
検査は2種類あります。血液を調べる抗体検査と、子宮の入り口に綿棒のようなものを使い採取したサンプルで調べる抗原検査と、血液で調べる抗体検査です。

 

超音波検査

子宮、卵巣などの状態を診る検査です。
子宮の病気(子宮筋腫や子宮腺筋症など)や子宮内膜の厚さや状態を調べ、妊娠しやすいかどうかを判断します。

 

卵巣の病気(卵巣嚢腫など)や卵胞の大きさを調べ卵子が成熟しているかや、いつ頃排卵しそうかなどがわかります。

 

時期が決まっている不妊症検査

フーナーテスト

セックス後に、精子が子宮までちゃんと到達できているのかの検査です。検査の12時間前まで(前の日の夜または当日の朝)セックスを行い病院に行きます。針のない注射器で膣内粘液、子宮頚管粘液、子宮内液を採取して顕微鏡で精子の状態を調べます。この検査により精子がみつからない、運動していない場合は、無精子症が考えられたり、抗精子抗体(子宮の動きを止めてしまう)が有るのか無いのか、子宮頸管炎にかかっているかなどの検査を行うことになります。

 

ホルモン検査

血液検査により、排卵機能や子宮に着床の妨げになるようなものがないか調べるものです。
生理中や高温期でないと検査ができないので、通院に回数が必要です。検査の結果に時間がかかります。

 

子宮排卵造影

卵管の通りが悪くなっていたり、子宮の内側に異常があれば妊娠できません。子宮卵管造影は子宮や卵管の内側に異常がないかどうかを調べる検査です。生理が終わったらなるべく早めに、排卵が起こる前に検査になります。少し痛みを感じることもあるようで、希望があった場合には麻酔を受けれるようです。

 

テストステロン(男性ホルモン)

卵巣、副腎から分泌されるホルモンです。排卵障害の原因になることがあります。
テストステロンは昼間の分泌量が早朝の数分の1とかなり低い値のため、朝に採血し、血液を調べます。

 

プロラクチン(乳汁分泌ホルモン)

普通は妊娠中や授乳中に出されるホルモンです。妊娠していないのにプロラクチンが高い値になると、正常な排卵が行われなくなることが考えられます。
30分〜1時間ほど安静にして、血液を採取して調べます。普通は、生理周期の初期に行われます。

 

高温期に受ける不妊症検査

プロゲステロン(黄体ホルモン)

高温期を維持させるホルモンです。このホルモンの働きにより子宮内膜が厚くなって、受精卵が着床しやすい環境になるのです。プロゲステロンの値が低い場合は、妊娠しにくい環境になることが考えられ、黄体機能不全が疑われることもあります。血液を採取して調べます。

 

エストロゲン(卵胞ホルモン)

卵胞が発育するために関係があり、子宮内膜を厚くして妊娠しやすい環境に整えてくれるホルモンです。血液を採取して調べます。

 

生理中に受ける不妊検査

黄体形成ホルモン(LH)

卵胞が発育したり排卵に必要なホルモンです。卵巣刺激ホルモンの値が低くて、黄体形成ホルモンの値が高いと多嚢胞性卵巣(排卵障害)症候群が考えられます。血液を採取して調べます。

 

卵巣刺激ホルモン(FSH)

卵巣を刺激し、卵胞の発育に関係のあるホルモンです。卵巣刺激ホルモンの値が高いと、早発性卵巣機能不全(卵巣の機能が早期に低下してしまう状態)が考えられます。血液を採取して調べます。

 

男の人の不妊検査

精液の検査

精子の全体数、どのくらいの数の精子が動いているのか、精子の動きの早さ、精子に奇形がないか、精液の中の白血球や赤血球の数などを調べます。検査を受ける前の数日間は禁欲が必要になります。病院で用意された専用の容器に精液を採取し、2時間以内に病院に持って行って検査を受けます。

 

ホルモン検査

精液検査で精子の状態が良くない場合に行います。女の人と同じ血液のホルモンを検査します。
プロラクチンというホルモンの値が高いと、黄体形成ホルモンや卵巣刺激ホルモンが働かなくなり、精子が作られなくなることがあります。黄体形成ホルモンや卵巣刺激ホルモンは、脳下垂体から分泌されるのですが、精巣の機能と密に関係しています。

 

性器の検査

前立腺に異常がないか、陰嚢や陰茎を検査します。触診だけでわかることもあるし、直腸診により前立腺に炎症がないかの異常を調べられます。

 

精巣組織検査

精液に精子がほとんどない、またはまったくない場合は精巣で精子が作られているのかを精巣の組織を少し取り顕微鏡で調べます。精巣はきちんと働いているのか、精子のもとになる細胞がいるのかどうかがわかります。

 

輸精管造影検査

精液に精子がいないとき、輸精管(精巣から精嚢まで精子を運ぶ管)が詰まっていることがあります。輸精管造影検査で調べることができます。

 

まとめ

不妊症の原因は、女の人だけのものではありません。男の人にも原因がある場合もあるし、二人の相性の問題もあります。だから女の人だけが検査しても先には進めませんよね。不妊症の検査を受ける場合は、二人で一緒に協力して受けましょう。

 

35歳以上の高齢出産になる方へ、
健康な赤ちゃんを出産するために必要な葉酸サプリの選び方。
知っているようで知らない高齢出産の方の葉酸サプリの選び方。

 

関連ページ

高齢だと不妊症になりやすの!?
不妊症の原因って何があるのですか?
不妊症の治療について調べてみました。
不妊治療の流れと費用について@
不妊治療の流れと費用についてA
排卵誘発剤の副作用について調べました。
高齢の排卵誘発剤に多い低刺激療法とは?
あなたが知らない不妊治療のリスクについて!